(前号へ)←                 →(次号へ)

=======================2004/07/13 (火)

【バナナメール#135 】 バナナパーティーのあとで

目次:  【7月のバナナパーティ】 【スンダリミカ熱唱】 【雨季のネパール】 【雨の屋上庭園】 【第4 回アルダ研究会のご案内】 7月 16 日(金) 

=============================

  

【7月のバナナパーティ】

7月10日(土)、ヒマラヤンムーン・カフェでのランチコンサートには、多くの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

ネパール食「ダルバート・タルカリ」は、おいしかったですね。メニューにはない、ネパール家庭料理です。特別に作っていただきました。

【スンダリミカ熱唱】

アルバム収録の歌を中心に、ネパール語で、また日本語での歌。語りあり、踊りあり、お笑い(?)ありの楽しいライブでした。ミカさん、ありがとうございました。 ネパールと日本への双方への深い愛情を感じます。

これは、参加者の一人の感想です。

とても楽しいひと時を過ごすことができました。 ミカさんのライブと生き方、参加されている皆さんの前向きな エネルギーを感じる素敵なメンバーとの交流は、これからの 私の示唆にもなりました。

いよいよ、「スンダリミカ・ファンクラブ」バナナ支部、発足させますか?

【別れと出会い】

ネパールの歌と話を聞くと、無性にネパールがなつかしくなります。

「テイムロ・マヤーレ」聞いて、不覚にも涙あふれそうになりました。 この歌の日本語の歌詞は、人生の別れと出会いですから。

♪最後のお茶を飲んだら、 べつべつの川を下って、 同じ海でまた会おう…

ちょっと不思議なことがありました。 「バドゥリ・ラギョ」という「しゃっくり」の歌があったでしょ。 ネパールでは、しゃっくりが出るのは、誰かが思い出してくれているときなのです。 あの歌を聴いた夜、偶然にも私にしゃっくりが出ました。 ふ〜ん、ネパールのみんなが思い出してくれてるのかな。 犬もかなあ。

以前、泣く泣く私の犬のラッキーをネパール家庭に預けたら、一晩中しゃっくりをしてたと聞かされました。

【雨季のネパール】

今の時期、ネパールは激しい雨です。例年のことだけれど、橋が流されたり、土砂崩れが起きます。道路が遮断され、犠牲者がでます。あんまり雨が続いて、体に変調をきたす人も多いです。 雨の合間の緑はきれいで、私は、雨季はけっこう好きなのだけれど。

【雨の屋上庭園】

土曜日のバナナパーティーの二次会は、屋上庭園を予約しておいたのですが、 みごとに雨に降られました。

仕方なく、室内で集りましたが、みなさま話が弾みましたね。 雨が上がってから、少し東京の夜景を楽しみました。 また今度、企画しましょう。お天気の日に。

さて、次回のALDA研究会は、私が担当します。 何も難しいことはしませんので、お気軽にご参加ください。

二次会もご用意します(むしろ、こちらのほうをお楽しみに!?)。


【アルダ(ALDA)研究会 <7月> ご案内】


■ 日時 2004年7月16日(金) 午後6時半〜8時半

■ 講師: 樋口容視子

■ テーマ: 「自己とのコミュニケーション・他者とのコミュニケーション」          - 異文化コミュニケーションの視点から −

■ 場所:東京ウィメンズプラザ 視聴覚教室 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL: 03-5467-1711

・渋谷駅より徒歩12分 ・地下鉄表参道駅(B2出口)より徒歩7分

(青山学院大学の向かい側。こどもの城・国連大学・オーバルビルの並びの奥です)

地図  http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

■ 参加費:\1,000

■ 定員 30名  (定員になり次第締め切ります)

■ 講師からひと言:

 多くの人が、もっと効果的にコミュニケーションしたい、と望んでいます。コミュニケーションは、人間関係の根底をなすものだからです。しかし、現実は、感情に支配され、思い込みと誤解の連続です。同じ文化圏の中でもそうですから、文化を超えた場合は、いっそうの難しさを伴います。

今回は、それぞれの人が持つ、個性と文化に裏打ちされた「コミュニケーション・スタイル」をさぐります。そして、「頭で分かっても心が納得しない」状況を「異文化シミュレーション・ゲーム」を使って体験し、実生活での応用の道を探ります。

よしこオリジナルのミニ・ゲームですので、みなさまリラックスしてご参加ください。

■ 講師 樋口容視子(ひぐちよしこ)略歴

大阪外国語大学英語科卒業。米国オハイオ州アンティオーク大学院修士取得(異文化関係学)。夫の海外赴任に伴って、ナイジェリア、サウジアラビア、ベトナム、ネパールに通算15年滞在。企業・官庁などの異文化研修や夫人のための渡航前研修などをおこない、また国内・海外の講師たちと共同開発のセミナーの企画・運営する。国際基督教大学、麗澤大学でも教鞭をとる。

「住んでみたサウジアラビア」、「異文化コミュニケーション・ワークブック」など、著書、訳書多数。異文化交流の会「バナナくらぶ」主催。異文化コミュニケーション学会運営委員。ALDA設立委員。


* ALDA(アルダ)は、アクティブ・ライフ・デザイン協会(Active Life Design Association) の略で、持続可能な社会と生き方(Sustainable Life & Society)支援を目ざして結成されました。「いきいき人生を送ろう!」をキーワードに活動しようとしているグループです。  http://www.alda-jp.com   * ALDA研究会は、毎月開かれる予定。人材・キャリア開発、グローバル・マインド養成、くらし環境活性化、などのテーマを扱います。

ALDA事務局  150-0034 東京都渋谷区代官山町9-5 TEL & FAX 03-3462-1058 事務局長 甲賀美智子


参加ご希望のかたは、「ALDA研究会4月参加希望」として、お名前、郵便番号、住所、電話番号、Eメールを明記のうえ、このメールにご返信いただくか、 info@alda-jp.com 宛へお送りください。参加資格はとくにありません。申し込み締め切りは、実施日7月16日(金)午前中まで。ただし、定員になり次第締め切りますので、お早めにどうぞ。

yoshikohi@aol.com 携帯 090-7901-1868 


では、みなさま、お元気で。

よしこ

(前号へ)←                 →(次号へ)














1
0
3479


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-21 (火) 00:38:30 (3985d)