(前号へ)←                 →(次号へ)

=======================2004/04/23(金)

【バナナメール#132】 ゆく春のイベント

目次: 【引越しモード】

【ネパールに海はある】

【ALDA研究会 5月ご案内】 5月14日(金) 18:30 〜 大井町きゅりあん

=============================

春というより、夏になりましたね。 私がネパールを出てから、2週間以上たちました。 もうすぐ雨季になるカトマンズでは、雹が降ったそうです。

【引越しモード】

来週、東京から千葉へ引っ越しま〜す。 え? でしょうか。

ちょっとね、時間と空間のモードを切り替えたくなったのですよ。 長いこと都心に住んできたけれど、 ネパールを経験したあとでは、ゆったり過ごしたくなった。

ネパールでよかったのは、人とのつながり。 それを支えるのは、おそらく贅沢な時間と空間。 それにまつわる考え方も調整したい。

「引越しのたびに荷物が整理できて少なくなる、というのは、ウソです。引越しは、ごみと夢を共に運びます。捨て きれない歴史を運んで行きます。」

楽天日記にそう書いたら、 「もろに同感してしまいました。捨てられずに運ばれてきたものがいっぱいなのですよ〜、」と引越しを済ませたば かりの方が、アメリカから書き込み。

   

「ごみと夢を共に運びます。」 「捨てきれない歴史を運んで行きます。」

自分で書いて、ほんとにそうだ。

それでいいんじゃない。 そう思ったら、気持ちが軽くなった。 ごみと夢がいっしょにあってこその、人生。 それは、いろどりであり、ゆとり。

スペースがいっぱいあったら、置き場を節約することもない。 現代の都市生活者の悩みは、スペース。 普段使わないものは、捨てないでお倉に入れることが出来たらいい。 使いたいものが、さっと出てくるなら、探し物にいらいらする必要もない。 きれいに分類されてあったら、もう、ごみとはいえないでしょう。

どんな引越しが出来るかな。 ごみも夢も、さあ、もっと増えていいのよ!! 能率より大事なものはいっぱいあるから。

いま、ごみと対峙しつつ、退治しきれない不思議を楽しんでいます。 どうせやんなきゃいけない引越しなら、「イベント」にしてしまおうと、思いついたのです。

くわしくは、楽天日記でどうぞ。 

<ばならんの日記>

http://plaza.rakuten.co.jp/yoshikohi/diary/

【ネパールに海はある】

前からお会いしたいと思っていた野津治仁氏にようやくめぐり合いました。 詩人ビシュマとの共通の友人となります。 私の翻訳を見て、コメントやアドバイスをくださいました。

「ネパール語指差し会話帳」の著者、といえば、ネパールに行った方は、分かりますよね。 たくさんの人が、「地球の歩き方」とこの本をセットにしてもって行きます。

野津さんはまた、佐々木幹朗さんや谷川俊太郎さんがネパールに行ったとき、 日本詩人とネパール詩人を結ぶ役割をなさったようでもあります。 校正が終ったらこのお二人には目を通していただく予定だったので、 こうしてお会いしているのが、不思議だけれど、当たり前に思えます。

ビシュマの氏をまた読み返してみて、あらためてこの詩人のピュアさを感じました。 そう、私は、ビシュマのファンだから翻訳をしたのでしょうね。 でも、あんまり変な翻訳にならないように、 神様がさりげなく人材を差し向けてくださってるのかな、と思います。

この詩集のテーマは、異文化が人に与えるやさしくて、残酷な仕打ち。 身につまされることもたびたび。 そして、美しいネパール語。 私の日本語がどこまで頑張れたか、 ご興味ある方は、出版されたら、ぜひお読みください。 夏までに出来上がります(たぶん)。 近々、予約開始。

【ALDA研究会 5月ご案内】

みなさま

 第二回研究会のご案内です。人材育成支援を一つ の活動の柱に据えるALDAとして、これから(再)就職、 転職、起業、目標探しする方々にとっては、改めてご 自分をみつめる機会としていただこうと、次のテーマを 選びました。無論、目的なしにFSS理論に基づく診断を 楽しんでいただけるはずです。お試しください。

 下記のご案内はALDAのサイトwww.alda-jp.com の掲 載文です。なお、ご参加のかたは診断結果を事前に info@... へメールで送ってください。また、14日 にはプリントアウトし、忘れずにご持参いただきますよう お願いいたします。

      ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

5月14日(金)セミナー

「自分を知る?目的・目標に向かって自己拡大しよう」

このセミナーは、自分の強み弱みを知った上で、目的・目標を達成していく過程を考 える演習の場です。

☆自分のことは知っているようで知らないものです。科学的なアセスメントツールを 使って、個性を測定分析し、自分の考えていること、思っていることと重ね合わせる と、自分の立体像が見えてきます。あとは、自己拡大で目標に向かって前進するだけ です。適性診断セルフチェックを下記の要領で行い。数値を5月12日までに事務局ま でにメールで送付ください。セミナー時にフィードバックがしやすくなります

【講師からの一言】

☆適性診断について適性無料診断サイトのアドレスは http://www.jinzai-bank.net/personal/personal_gst/ffs_g_start.cfmです。 こちらからリンクできます。

☆適性無料診断サイトの使い方

 a.. 上記のサイトを呼び出します。
 b.. 個人情報は一切入れないでください。
 c.. 年齢、性別、業種、職種のみ入力してください。
 d.. 全質問に答えてください。
 e.. 1問10秒しか時間がありません。考えずに答えてください。
 f.. 結果診断のボタンを押します。
 g.. 結果をプリントアウトしてください。
 h.. 5月14日のALDA研究会に、必ず結果をご持参ください。

もし、質問全部が終わらないうちに間違えたら、はじめからやり直してください。診 断結果の中に「信頼度」という項目があります。それが60%以下の場合は、診断をや り直してください。

また、自分に正直に答えないと不正確な結果が出ます。結果によい悪いはありません ので、本当のことを答えてください。

☆講師プロフィール 米国ベセル大学卒業学士号取得(歴史学・社会学)。米国国務省出先機関の英語教員 資格(TEFL/ESL)取得。異文化間リーダーシップ研究(米国アズサ・パシフィック大 学大学院にて受講)。40年に及ぶ海外との深いかかわりと海外生活経験をもつ。教育 者を経てボーウォーター・ジャパン株式会社に20年勤務、10年間代表取締役を務め る。現在はビジネス・コンサルタントSPARK代表として企業内研修・コーチングの活 動中。

 a.. 参加者規定 どなたでも
 b.. 日時 2004年5月14日(金)18時30分より
 c.. 場所 大井町駅前、きゅりあん(Tel.5479-4100)4F第一グループ室
 d.. 参加費 1000円 (アルダ会員は無料)
 e.. 定員 30名 (定員になり次第締め切ります)
 f.. お申し込み・お問い合わせは事務局まで(info@... )

==================

以上

よしこ、でした。

(前号へ)←                 →(次号へ)














1
0
1633


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-21 (火) 00:38:29 (3990d)